読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅テク・旅ばな・旅心

旅のエッセイストとして、日本国内や世界各国への旅をもっと楽しく便利にするアイデア・情報・経験談などをご提供します。いっしょに充実させていきましょう!

タイ・シルク王の失踪事件

キャメロンハイランド・リゾートに泊まると、いくつか興味深いサービスが。

そのひとつが、ジャングル・トレッキング。

地元の案内人に付き添われて、小一時間ほど、ホテルの裏山ともいえる丘陵地帯を散策するというもの。

 

私たちがトレッキングした日は、小雨模様。

ガイドの女の人は、ちゃんと私たち二人分の雨合羽も用意してくれてました。折りたたみ傘はもってたけれど、助かりました。

f:id:cosmosetter:20160907200358j:plain

 

実は、知る人ぞ知る? この丘陵地帯の一角に、ある有名なスポットがあるのです。

 そう、「月光荘」と呼ばれる別荘です。

 

f:id:cosmosetter:20160907184850j:plain

1967年3月23日、タイ・シルク王として有名なジム・トンプソンは、バンコクから友人のマンスコー夫人を伴って、ここキャメロンハイランドの月光荘を訪れた。そして主のT・G・リン博士夫妻とともにのんびりと休暇をすごした。

私たちのようにジャングル散策をしたり、ティータイムを楽しんだり、ゴルフをして遊んだり(今でもホテルの前に広々としたゴルフコースが広がっています)……。

ところが、その三日後の3月26日、復活祭の日のこと。

その日は、午前中にタナ・ラタまで降りて礼拝、午後から近くの高原でピクニック。ただし、なぜかジムはいったん他の三人と別行動をとり、ゴルフコースで落ち合ってから月光荘に戻っている。
それが午後2時半ごろ。
そこで、それぞれに部屋に戻って昼寝をすることになった。

そして、

それを最後にジム・トンプソンは姿を消してしまった。

その後、大掛かりな捜索が行われたが、遂に遺体すら発見されないまま現在に至っている。

 

この失踪事件については様々な人が本を書いたりドラマ化したりしているようですが、日本では松本成長の『熱い絹』が有名ですね。

なにしろ、ジム・トンプソンという人は、かつては軍人であり諜報活動にも従事していたというから、様々な憶測が……。

 

*ちなみに、月光荘は個人所有であり公開されてはいません。