旅テク・旅ばな・旅心

旅のエッセイストとして、日本国内や世界各国への旅をもっと楽しく便利にするアイデア・情報・経験談などをご提供します。いっしょに充実させていきましょう!

飛行機とバッテリー問題

最近(2016年)バッテリーの発火事故にともなって、

各航空会社は、ある特定のキャリアが使用している機種の持込みに神経を尖らせているようですが、

実は、スマホ充電用のモバイルバッテリーについては

前々から、ライターなどとともに

預け入れ荷物には絶対に入れないで!

と、口をすっぱくして注意しているにもかかわらず

はぁ?

何か問題でも?

べつにいいっしょ?

的な乗客が後を絶たなくて苦労しているそうです。

 

だけじゃない!

もしチェックしそこねて貨物室で発火したら

飛行機墜落!

ということも十分ありえます。

 

なにしろ、貨物室は客室のように空調で一定温度に保たれてるわけじゃないので、

激しい温度の変化にともなって、水分が付着する。

実は、私自身も、デジタル機器の一種(禁じられたものではありませんが)をうっかり預け入れ荷物に入れ忘れて、おシャカになっちゃったことがあります。

 

なので、デジタル機器については、機内持ち込みが基本。

くれぐれも気をつけましょう。

そして、まんいちうっかり預け入れ禁止物品を放り込んだまま預けて

座席についてから、バッテリー問題で呼び出されたりしても、

文句をいったり、逆切れしたりするようなことはしないように。

(そういうあきれ果てるような乗客が実際けっこういるらしいです)

 

一応、参考までに、機内積載条件の常識中の常識を↓

f:id:cosmosetter:20160920195739p:plain

2015年8月6日 朝日新聞 社会面記事より