読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅テク・旅ばな・旅心

旅のエッセイストとして、日本国内や世界各国への旅をもっと楽しく便利にするアイデア・情報・経験談などをご提供します。いっしょに充実させていきましょう!

カフェ・ツェントラル@ウィーン

ウィーンの老舗カフェのひとつ。

英語読みだと、カフェ・セントラルとなる

カフェ・ツェントラール。

f:id:cosmosetter:20160925220723j:plain

元は宮殿の建物の一部とあって、

店の表も内装も豪華、

天井も高くて広々。

f:id:cosmosetter:20160925222323j:plain

 

今では観光名所のひとつになってしまっていますが、

生演奏も聞けるということで、

ちょうどその時間帯だったこともあり、

入ってみました。

 

f:id:cosmosetter:20160925214757j:plain

 

f:id:cosmosetter:20160925223345j:plain

入り口で出迎えてくれるのは、

ここを根城にして人間観察し、

それをネタに短編小説を書き続けた

ペーター・アルテンベルクの等身大人形。

 

f:id:cosmosetter:20160925215214j:plain

アルテンベルクはとても風変わりな人で、

真冬でも裸足に下駄といういでたちだったそうです。

 

カフカとブローとが、グラーベン通りのホテルに住む彼をたずねたときには、たぶんここにも一緒にやってきたことでしょうね。

 

f:id:cosmosetter:20160925222812j:plain

 

ただ、

少なくとも私たちが訪れたときのカフェ・ツェントラールは

観光客らしき客がとても多くて

騒々しいといったほうがいいほど賑やかで

店員さんたちも忙しさにかまけて不愛想。

 

私たちはちょうど生演奏のグランドピアノのすぐそばでしたが、

ピアノの響きも(近すぎたせいもあって)あまり耳に心地よいものではありませんでした。

f:id:cosmosetter:20160925223057j:plain

 

ペーター・アルテンベルクのように、

人間観察する余裕もなかったのが残念でした。

 

f:id:cosmosetter:20160925222413j:plain

 隣の席のおじさんたちは、

とても話がはずんで楽しげでしたけど、なにか?