読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅テク・旅ばな・旅心

旅のエッセイストとして、日本国内や世界各国への旅をもっと楽しく便利にするアイデア・情報・経験談などをご提供します。いっしょに充実させていきましょう!

日曜日のポルト散策

バスサービスにトライして、ダウンタウンまで行ってみました。

休日の閑散とした街の光景も面白かったです。

 

が、

散歩を初めてしばらくすると、

お手洗いに行きたくなってきた。。

ちょうど街角トイレがみつかり、しかも20セントでOKというので

小銭を入れてボタンを押してみました。

 (有料トイレは、だいたい50セント)

f:id:cosmosetter:20161003021602j:plain

 

が、、、、

開かない!!!

しかもコインも返却されない!

つか、んなことより、、、

もう我慢の限界灘!!!!!!!

 

つーことで、サン・ベント教会最寄りの

アリアドスという名のレストランに駆け込み

幼児を済ませたところで、

(変換ミスまじりですが、よいこのみなさんには意味通じますよね?)

まぁ、お腹もぺこってることだし、お食事にしますか

f:id:cosmosetter:20161003081035j:plain

お客さんたちもほとんどが地元チーっぽいですし、

メニューを拝見したところ、まあまあリーズナブルなお値段♪

 

今日のおすすめセットということで、

よくわかんないけど二番目のください

ダンディなギャルソンに言うと

「それ、ここの肉ですけど、よろしいでしょうか?」と、

ご自分の脇腹を切って内臓を取り出すジェスチャー

「んぐ、、、そ、それなら、、、ヤギ肉のにします。。でも、ちょっと臭いがきついかなぁ? となると、干しタラか。。。」

「どっちにします? ヤギ肉ですか、タラですか?」

「あ、、、じゃ、タラで」

と押されて決定。

f:id:cosmosetter:20161003082334j:plain

ま、そこそこおいしかったのですが、

考えてみると、モツ料理というのは、ポルトの伝統的名物料理。

 

その昔、大航海時代のこと、

遠洋に出ていく船乗りのために、干し肉を供出して、

自分たちは残り物のモツを料理してしのぐ習慣だったという

ポルト市民たちの心意気のあらわれ。

 

ちょっと惜しかったなぁ。

でも、塩漬けの干しタラも名物だから、ま、いっか。

 

ちなみに、ここポルトのもういっこの名物料理である

ケールのスープもいただきましたが、これは抜群にうまかったす。