旅テク・旅ばな・旅心

旅のエッセイストとして、日本国内や世界各国への旅をもっと楽しく便利にするアイデア・情報・経験談などをご提供します。いっしょに充実させていきましょう!

プラド美術館への道

空港からバスにのって市内へ

 

マドリード市内のバス停

(下車したバス停 Plaza de Cibeles からは少し歩いたところ:空港への帰りバスはこの近くのバス停で待ちましょう)

f:id:cosmosetter:20161019222632j:plain

 

ここからとことこ並木道を歩いて、

プラド美術館

 

f:id:cosmosetter:20161019222755j:plain

ちなみに、入り口はこの裏側にあたるところです。

 

f:id:cosmosetter:20161019223039j:plain

  おまけ)

ノーベル文学賞

 いろいろ取りざたされてますが、ボブ・ディランだろうがミック・ジャガーだろうがはたまたシャルル・アズナブールだろうが、誰でもいいんじゃないでしょうか。

 別に大騒ぎするほどのものではないんじゃないかと。。。

 政治経済がらみだったりしてどんどんレベルがおちてるノーベル賞の各分野のなかでも、特にいちばんどーでもいいジャンルだし。

 というのも、過去の受賞者たちをみても

 首を傾げさせられるような人たちがぞろぞろ。

 文学というのは、あくまでも趣味の世界なので、

 好きな人は好きだけど、ほとんどの人たちが興味なしorうっとうしいだけetcという作家がほとんど。

 私自身も、小説全般、あまり好きではないです。後味のいい小説というのはめったないし、そもそも読んでる時間がもったいない。

 その点、蜻蛉日記は文学ってものの嘘くささをぶったぎっていて、それでいて愚痴たらたらで最高にうっとうしくて、かえって受ける。あそこまでいったらノーベル症なんてはるかに超える一大グランプリものですけど。笑

 

 

youtu.be